インターネットに違法配信されている音楽や映像のダウンロードは

 

 

インターネットに違法配信されている音楽や映像のダウンロードは、違法配信であれば利用者にとっても違法行為になります。著作権保護法は、著作者の権利を守る法律といえます。違法配信であることを認識して、ネット上からダウンロードすることは、著作者の権利を侵害することに当たります。本来、著作された物については、著作権が認められ、相当の対価を支払って音楽や映像を利用するのが本来の姿と言えます。

 

 

しかし、ネット上には、まだ明確なルールが適用されていないなど、法的な整備が遅れていると言えます。そのような法的な盲点をついて、著作権者の利益を毀損するものがありました。徐々にではありますが、インターネット上での法規制の整備も整っています。そして、平成21年の著作権法の改正により、私的使用が目的であったとしても、違法配信であることを知りながら、音楽や映像をダウンロードし使用すると、違法行為となりました。そして、平成24年10月1日からは、罰則規定として、刑罰が科せられることになりました。刑罰の内容は、2年以下の懲役または200万円以下の罰金となっています。個人的な利用であっても刑罰が科せられます。本来のあるべき姿として、対価を支払いを利用することが大切になります。