図書館での資料の複製が認められるのはどのような場合?

 

 

あまり多くは見かけませんが、たまに図書館で資料をスマホで写真を撮ったりコピーしている人がいます。しかしその行為は場合によっては犯罪になる事が有りますので注意しましょう。基本的には研究資料として使う場合は、著作権に触れる場合は前もって著作者に許可を得る必要が有ります。それを怠ると訴えられる事も有りますし、許可を得た場合でも資料の出所をはっきりさせる表記もしなければなりません。営利目的で使う事は基本的には認められていませんが、著作者本人が希望する場合は認められる事が有ります。図書館に有る資料の複製は基本的には認められませんが、例外となる条件はあくまでも公にならない事と著作権を侵さない事が最低限の条件になります。

 

 

どちらにしても1番良いのは、図書館で複製するのではなくその書物等を購入して研究等に使うのが良いでしょう。しかしその物を利益追求の為に使う時は、著作者の許可を得なければいけません。もし著作者が登録商標を届け出ていた場合、最悪損害賠償の対象になってもおかしくはありません。なるべくは、他人の書物の利用は避けてオリジナルで研究したり、オリジナルの商品を開発し販売するのが問題も起きずに済みます。