著作物が自由に使える場合とは?

 

 

著作権法では、一定の場合に著作権を制限し、著作権の対象となる知的財産を自由に利用することが可能であると定められています。しかし、著作権の利益を不当に害さないように、知的財産の通常の利用が妨げられないように、利用の条件は厳密に決められています。著作権が制限される場合でも、著作者人格権は制限の対象とはなりません。著作権が自由に使える場合として、付随対象著作物の利用があります。これは、写真や録音、録画において、撮影物の対象とするものから分離することが難しいため、写り込みの対象となった、ほかの著作権の対象物である知的財産は、当核創作に伴って複製又は、依拠し、その表現上の本質的な特徴を維持しつつ、具体的な表現形式の変更を加えて新たな知的財産を創作することが可能であるとされています。

 

ただ、著作権者の利益を不当に害することになる場合は利用することはできません。また、引用をすることも可能とされています。ただし、正当な範囲内に限ります。ほかにも、コンピュータを使用した情報解析に必要だと認められる場合に、その限度において使用することが可能であると定められています。ただし、情報解析用として提供されているデーターベースに関しては、この制限規定は適用外とされています。

 

af9920061106l