実演家などに認められた権利

 

 

小説、音楽、美術、映画、パソコンのソフトウェアなどは著作権法で保護されています。
また、新聞や雑誌、百科事典なども著作権法で保護が行なわれいるのです。

音楽については、著作権隣接権と言うものがあります。
これは、実演家を初めとして、レコード製作者、放送事業者、有線放送事業者などに与えられる権利であり、無方式主義と言う、実演、レコードの固定、放送を行った時点で発生するものです。
また、これには保護期間と言うものが定められており、実演並びに、レコードの発行や放送が行われた時から50年間となっています。

 

 

最近はレコードと言うものが制作されていませんが、昔からの流れもあり、未だにレコード製作者などと呼ばれていますが、レコード製作者の権利には、著作隣接権として、複製権、送信可能化権、譲渡権、貸与権などがあります。

複製権と言うのは、レコードを複製するための権利であり、送信可能化権はインターネットなどを利用して、第三者に対して、その情報を送信する事が可能になる状態にする権利になります。
譲渡権は、複製したレコードなどを第三者に対し、譲渡する権利となります。
貸与権は、商業用レコードを貸し出す事が出来る権利となります。