著作者にはどんな権利があるの?

 

 

著作者に行使権限が認められている権利ですが、ひとつは著作者人格権と呼ばれるもので、著作者自体が保有権利を有している著作物に対して、人格的利益保護を主目的として行使することのできる権利の総称と定義されております。
上記で記述している著作物に関しては著作者の考え方や見解、およびその一連の感情などが顕著に反映された物が大部分である為、第三者が著作物の利用方法その他の事象については前述した著作者の利益(経済的・人格的)を侵害する可能性があります。

 
その為に著作者の総合的な利益侵害に値する内容によっては著作物の利用を禁止する権利として認められているのです。
そして著作者の財産権についてですが、上記にて該当すると判断された損失補償は特別に犠牲を生じる場合のに認められるものとなっております。
なお、上記でいう【特別な犠牲】の定義ですが、財産権における制約を相殺した上で特定者に財産権の侵害を加える場合を指しています。
その為、特別の犠牲に関しては諸事情を考慮した上で内容認識と把握をおこなったのちに客観的および合理的な総合判断に基づいた形として決定されることになります。
但し、ここでいう補償については2通りの補償説が定められており、財産権の侵害における完全補償と相当の補償に分かれることになります。”